本文へジャンプ

トラスト方式で新しい「個性」産み出します。

トラスト方式事業内容 OurBusiness

トラスト方式という業務委託による店舗展開

飲食店の独立方法、店舗展開手法は様々。
従来のフランチャイズチェーン、コーポレートチェーン、ボランタリーチェーン、そして個人経営。
一般に店舗数拡大するビジネス手法は、チェーンストア理論がベースになっています。

ムジャキフーズでは、約15年の実践と学びのプロセスを経て培われた、従来にはない業務委託による店舗展開の手法であるトラスト方式を確立させました。
トラスト方式とは「人」にフォーカスして誕生した店舗展開システムです。

やらされてやるのではなく、やりたくてやる

人は十人十色です。その人の個性やポテンシャルに気づき活かすこと、やらされているのではなく、自分でやりたくてやることが最も大きなモチベーションとなり、店舗の収益をも左右する。つまり、「人(お客様)の心を動かすのは、人(店舗責任者)の心であり、人がサービス業を成功するための最大の成功要因となる」ということです。
そこで、当社では、「人のための箱づくり」、「人にスポットを当て、1人1人の想いを最大限活かせる環境」を提供できる仕組みを考案しました。独立希望者をサポートすることを通じて、ムジャキフーズとトラスト(=信頼関係)を作り、店舗のパフォーマンスと収益を最大化する頑強な仕組みです。

トラスト方式の強み

店舗経営の成功要素には、 「一等地(資金力)」 「職人(技術力)」「商人(経営力)」の3つがあるとムジャキフーズでは考えています。

  • 「職人(技術力)」 +「一等地(資金力)」
  • 「商人(経営力)」 +「一等地(資金力)」
  • 「職人(技術力)」 +「商人(経営力)」
このONE+ONEによる成功事例は、世の中にいくつも生まれています。

3つの要素のコラボレーション
トラスト方式の強みは「一等地」に出店できる資金力(「一等地」)、商品やサービスの差別化ができるノウハウや技術(「職人」)、そしてより高い収益性を確保するための経営ノウハウ(「商人」)の3つの要素を、業務委託者と補い合いコラボレーションさせることによって、超繁盛店を創出できることです。

PageTop